消え行く氷河


消え行く氷河に見られる加速度的な温暖化

 スイスの名峰、ユングフラウ・ヨッホ(4,158m)などから流れ下るアレッチ氷河に異変が起きている。 全長約24Kmあったのであるが、20Kmに縮小し、氷河の右岸に黒々とした土が露出している。 これは1990年までは氷河で覆われていたのである。紛れも無く温暖化である。 特に南極や高地などで影響が著しいのであるが、日本アルプスの高山植物の分布もわずか20年のあいだ に、生息域が5mも上昇した。生態系に変化が起き始めているのである。
 毎年、縮小しているアレッチ氷河がなくなる頃には、人類が住める地球環境は存在しないだろうと言 う見方が研究者の間では一致している。
通勤、観光地へは、マイカーではなく、公共機関に転換すべき時が来ているのです (交通網の無い地域は、国が積極的に整備)。これ以上の高温化は、地球滅亡であることを、 肝に銘じなければならないのです。

(以上、sato 2002.2.1)

太陽光を反射する氷

 NASAが人工衛星のデータ(1979〜2003年)の分析で、北極海を覆う氷の量が10年に9%のペースで減っ ている事が判った。
また、同じ期間、夏季の氷上の気温も10年に1.22度のペースで上がった。過去100年間の平均の 上昇率の8倍であった。
 氷が水になると、水は太陽エネルギーを蓄積しやすいため、海水温度が上がり温暖化が加速するの で、さらに悪循環となり、温暖化の暴走が始まるのである。

(以上、朝日新聞より抜粋)