COP21

COP21
T.sato / 添付  Date:2015/12/13/Sun/18:35 −No.803−/ 引用

  488,374 byte京都議定書に代わる18年ぶり新枠組みの温暖化対策ルールです。
196カ国・地域が参加する初めての国際的な枠組みです。
各国が自主的にCO2削減目標を作成し、国連に提出、対策をとることを義務付けました。
しかし、目標の達成義務化は見送られたことが大きな問題です。
効力がほとんど無いと言っても過言ではありません。
今ここで温暖化問題を放置してしまうと、さらなる異常気象の発生や、海面上昇による国土消失、作物の不作による飢饉など、加速度的に起こってくると言われています。
つい先日は、この時期にも関わらず、夏日になった地域があり、非常に驚いたことを記憶しているでしょう。
この様な事が常態化してはなりません。

こちらを読まれた皆様・・・
ちょっとした身近な自然、そのかけがえのない自然に目を配ってみましょう。
木々の色づきの具合、色づきの遅れなど、感じ取れると思います。
一人一人のちょっとした節約や意識が、温暖化を遅らせることになるのです。
例えば、ご飯を3日分まとめて炊くいて、冷凍保存。
「毎日炊く」から「3日に1度炊く」。これだけでもだいぶ違うでしょう。

写真の黄葉は、都内の首都高速の高架の下にある公園で撮影しました。
本来は11月下旬には色づくはず。
季節の循環が、昔のように戻って欲しいと願うばかりです。
 

- Web Contribute ver 3.25 -