My Dear 桜田淳子

My Dear 桜田淳子
T.sato / 添付  Date:2014/07/19/Sat/19:23 −No.781−/ 引用

  118,485 byteMy Dear というアルバムは、全10曲中5曲を矢野顕子さんが作曲を担当したアルバムなので、ファンの中からは、あまり好まれないという意見も多かったのです。
私も、このアルバムは購入を見合わせていましたが、近年になって、どうしても欲しくなり、リバイバルされたCD(今は製造中止)を中古購入することができました。
早速聴くと、やはり矢野顕子の曲だとわかります。
このなかでは、「なぜかためらい」という曲に惹かれてしまいました。
その当時は、あまり心に残らないイメージの曲でしたが、不思議と今聞くと、心にやさしく入って来ます。
後半の5曲は小田裕一郎さんの作曲です。
「ミスティー」、「This is a "boogie"」のシングルカットも良い曲なのですが、「With You」は、今聴いても素敵なリズム感、淳子ちゃんの優しい歌声と非常にマッチして、素晴らしい曲に仕上がっています。
当時、なぜもっと早く気が付かなかったのだろう・・・・
1981年と言えば、近藤真彦さんなどのアイドルの全盛期で僕の記憶では「スニーカー・ブルース」を歌っていた頃だと思います。
一般聴衆者は、アイドルに耳を傾け、淳子ちゃんのモダンな曲に変化したスピードについてこれなかった、と言うのが今の正直な感想です。
本当に、今聞くと改めて素晴らしいと思いました。
このCDアルバムには、特典のボーナストラックが付いていて、コメディードラマの「玉ねぎむいたら」と名曲「恋はSEE-SAW」も収録されています。
購入できて、本当に良かったと思っています。
桜田淳子さん、、、やはり、いつまでも記憶に残る永遠のスターですね。
いつか、また会える日を願って・・・・

http://www.hmv.co.jp/artist_%E6%A1%9C%E7%94%B0%E6%B7%B3%E5%AD%90_000000000008977/item_My-Dear-7-Rmt-Pps_2613849
 

- Web Contribute ver 3.25 -