Tanks40〜青い鳥たちへ 桜田淳子さん

Tanks40〜青い鳥たちへ 桜田淳子さん
T.sato / 添付  Date:2014/01/28/Tue/22:08 −No.768−/ 引用

  420,375 byte楽しみにしていた桜田淳子さんの、40th記念アルバムが届きました。
早速、聴いてみると「わたしの青い鳥」「黄色いリボン」「サンタモニカの風」など、自分の少年時代からの懐かしさが一気に蘇りました。
思えば自分が小学生高学年の頃からの永遠のアイドルで、憧れていた存在だったのです。
サンミュージック第一号のアイドルで、言わば元祖アイドルで国民的スターです。
しかし、私が中学生になると洋楽に傾倒して、ABBAやBILLY JOELなどを聴くようになっていました。
なぜかと言えば、邦楽はダサいという印象が当時の年齢では感じてしまった事、ベストヒットUSAなどが流行したのが邦楽を離れる事になったと思います。
そして今、桜田淳子さんのその頃の曲を改めて聴くと、冒頭のサンタモニカや、セクシーギャング、私は臆病者、This is a “boogie” などは、現在に於いてもダサくなく、古さを感じさせないポップなメロディーに驚かされましたし、どんなジャンルも歌い上げる淳子さんの歌の上手さに感服します。
そして、このアルバムに松任谷由実さんのカバー(曲:グットラック&グッバイ)を歌っていますが、本人よりも淳子さんの歌唱力と優しい声に、ついつい聴き入ってしまいました。

残念ながら統一教会の件では、霊感商法で証拠も無しにマスコミに過剰に反応され、広告塔のようにやり玉に挙げられてしまいました。
実際Wikipediaでは・・・
「テレビ放送のワイドショーで統一教会の信者であることや霊感商法に関与したとの疑いに関して、証拠もなしに激しい非難・糾弾報道をされたことが原因となり、次第に発言そのものを控えるようになっていった。桜田自身がこの件で告訴・逮捕・勾留・起訴・有罪判決や民事訴訟を起こされたことはない。・・・・と語っている。」

個人的には、ドリフの”8時だよ全員集合”のコントでも楽しませてもらい、今更ながら良い思い出になっている事に感謝です。
優しい歌声と明るい笑顔、実力のある淳子さんにカムバックして欲しいと願うばかりです。
 

- Web Contribute ver 3.25 -